メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カヌー薬物混入

パスポートや現金隠し、中傷メールも

カヌーの鈴木康大選手

 2020年東京五輪を目指していたカヌーの鈴木康大選手(32)=福島県協会=が、禁止薬物を混入した小松正治選手(25)=愛媛県競技力向上対策本部=に対し、パスポートや現金を隠したり、所属先に中傷メールを送ったりする嫌がらせを繰り返していたことが明らかになった。相次ぐ不審事に選手間ではいぶかる声が上がっていた。日本連盟は「もっと徹底した調査が必要だった」と説明。選手教育とともにガバナンスの強化も図っていく方針。

 鈴木選手は昨年9月のカヌーのスプリント日本選手権で小松選手の飲料ボトルに禁止薬物の筋肉増強剤を混入…

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文593文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一時閉鎖した「明るい廃虚」のピエリ守山が超人気スポットに再生した理由

  2. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  3. 反社会的勢力の定義困難「お困りであれば警察に」 16日午前の菅官房長官会見詳報

  4. 桜を見る会 官僚「のらりくらり答弁」の背後に何があるのか

  5. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです