メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲初場所

懸賞は過去最多ペース

 日本相撲協会は12日、大相撲初場所の懸賞申し込みが2239本あったと明らかにした。過去最多だった昨年5月の夏場所の2153本を上回る。新規は長崎県佐世保市など12件。力士指定の懸賞は休場で取り消されることがあり、最終的な本数が変わる可能性はある。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
    2. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
    3. サッカー日本代表 セネガル戦、速攻に要注意
    4. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
    5. 1型糖尿病 障害年金を 支給求めて提訴へ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]