メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲初場所

白鵬立ち合いに注目 鶴竜と稀勢復活なるか

白鵬=徳野仁子撮影

 大相撲初場所は14日、東京・両国国技館で初日を迎える。1年ぶりの3横綱体制に戻る。元横綱・日馬富士による傷害事件の現場に同席した白鵬と鶴竜は今月の給与が不支給。鶴竜と稀勢の里は4場所連続休場明けから復活なるか。

 優勝40回の白鵬は、立ち合いに注目が集まる。横綱審議委員会(横審)から苦言を呈されたのが、多用する張り手やかちあげだ。5日の稽古(けいこ)総見で張り「…

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文456文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  2. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  3. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  4. マネックス 松本社長「コインチェック6月中に全面再開」
  5. アメフット 井上コーチ「QBつぶせ、けがが目的でない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]