メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

男子アルペン複合 回転の須貝龍=ウェンゲンで、共同

 アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は12日、スイスのウェンゲンで男子アルペン複合第2戦が行われ、26歳の須貝龍(クレブ)は合計タイム2分40秒67で29位に入り、自身初のW杯得点(30位以内)を獲得した。1回目滑降は54位で、棄権が多かった2回目回転は22位だった。

     28歳のビクトル・ムファジャンデ(フランス)が合計2分35秒29でW杯初勝利を挙げた。パベル・トリヒチェフ(ロシア)が2位で、ペテル・フィル(イタリア)が3位だった。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 音楽家 小室哲哉さんが引退表明 不倫疑惑受けて
    2. ORICON NEWS 小室、引退決断は「私の罪。償いはこれが精一杯」 自発的な音楽活動は「本日をもって終了」
    3. 市立秋田商 志望の中3生徒の母にキス 男性教諭懲戒免職
    4. ORICON NEWS 小室哲哉、妻・KEIKOとの離婚否定 療養中の現状明かす
    5. 平昌五輪 小池知事「平壌五輪になりつつある」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]