メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎小ニュース

文化 皇居で「歌会始」 戦後最年少12歳9か月の歌も

天皇、皇后両陛下、皇族方が出席されて行われた「歌会始の儀」=皇居・宮殿「松の間」で1月12日午前10時32分、長谷川直亮撮影(代表撮影)

[PR]

歌会始に入選して、はにかむ中島由優樹さん=長崎県佐世保市万徳町の市立清水中で12月21日午後5時24分、峰下喜之撮影

 新年恒例しんねんこうれい宮中行事きゅうちゅうぎょうじ歌会始うたかいはじめ」が12にち皇居こうきょでありました=写真しゃしん<右>(みぎ)・代表撮影だいひょうさつえい今年ことしだいは「語」。天皇てんのう皇后両陛下こうごうりょうへいか皇族方こうぞくがたまれたうたのほか、国内外こくないがいからせられた2まん453しゅなかからえらばれた10にんうたげられました。

     戦後最年少せんごさいねんしょうの12さい9かげつえらばれたのは長崎県佐世保市ながさきけんさせぼし中学ちゅうがくねん中島由優樹なかしまゆうきさん。中島なかしまさんは夏休なつやすみの宿題しゅくだいとしてうたみました。

     「文法ぶんぽうの 尊敬丁寧そんけいていねい 謙譲語けんじょうご ぼくにはみんな おなじにえる」。小学校高学年しょうがっこうこうがくねん国語こくご授業じゅぎょうおもこし、丁寧語ていねいごなど言葉ことばはたらきのちがいや、疑問ぎもんおもったことを率直そっちょくんでいます。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

    2. 第74回毎日映画コンクール 大賞に「蜜蜂と遠雷」 美しい映像で音楽表現 優秀賞「新聞記者」

    3. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

    4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

    5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです