メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

日本ハム 清宮、サングラス着用にも興味 守備は複数ポジション視野(スポニチ)

 日本ハムドラフト1位の清宮は新人合同自主トレ第2クール初日でも本職のファーストミットを封印した。栗山監督は守備位置について「俺は全部(のポジションを)考える」と複数ポジションを練習させる考えで、内野用グラブでノックを受けた清宮は「(一塁以外も)任されたら全力でやる」と力を込めた。

     一塁には中田がおり、複数ポジションを守れれば出場機会が増える。入寮時にファーストミット以外に内、外野用の3種類のグラブを持参。一塁と外野は早実時代の公式戦で経験があるだけに、飯山2軍内野守備コーチも「監督が言っているように可能性はゼロではない。守備はやればやるほどうまくなる」と話した。

     練習後にはオークリー社による目の測定を行った清宮。高校時代に測った視力は1.5以上と明かし「サングラスは(高校時代に)つけていたこともあったけど、使いづらかった。慣れなのかな。(それでも)サングラスは格好いい」と高校時代は見られなかったサングラス着用にも興味を示していた。(東尾 洋樹)(スポニチ)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 東京入管 腹痛男性への診療放置 20時間「容態観察」
    2. 和歌山妻殺害 容疑で逮捕の夫、不倫相手との新生活望む
    3. セクハラ疑惑 「この期に及んで否定とは」週刊新潮編集部
    4. 大リーグ 大谷、初の4番 自然体で右前打
    5. 業過致死容疑 不妊検査で死亡 担当医ら3人を書類送検へ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]