メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大リーグ

大谷翔平、エンゼルスも“二刀流ボブル” 球団幹部が異例プラン(スポニチ)

 エンゼルスが、大谷翔平投手(23)の「ボブルヘッド・デー」を複数回実施する方針であることが11日(日本時間12日)、分かった。球団No.2のデニス・クール・チェアマンは「ボブルヘッド・デーを複数回予定している」と明言。詳細はマーケティング担当が検討中だが、投打の二刀流としてファンにプレゼントするとみられる。

     首振り人形はスター選手の証だ。ダルビッシュ(ドジャースからFA)、田中(ヤンキース)の人形が配布されたのはいずれも2年目だったが、大谷は01年イチロー(マリナーズ)、03年松井(ヤンキース)と同様に1年目から抜てきされる。各球団でこの企画を行うのは年間4~6回程度。同一選手が年2回以上、登場するのは極めて異例だ。

     エンゼルスタジアムで行われた昨年12月の入団会見では、Tシャツなどの大谷グッズを販売。1日で5万ドル(約555万円)程度を売り上げた。クール・チェアマンは「ファンは早くも翔平に夢中になった。ルックスも抜群だし、ユーモアのセンスもいい」と集客力にも期待していた。(スポニチ)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 奈良・安堵 町議「股裂き刑したい」ヘイト投稿
    2. 靖国神社 徳川康久宮司が退任へ 「一身上の都合」と説明
    3. WEB CARTOP ドライバーはココが気になる! 同乗者にやめてほしい行為7選
    4. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及
    5. 茨城県警 衣装ケースから遺体発見 一部白骨化 水戸

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]