メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

稀勢の里、昨年九州で負けた相手と連戦 初場所(スポニチ)

14日初日大相撲初場所

 取組編成会議では2日目までの取組を決め、4場所連続休場からの再起を期す横綱・稀勢の里(31=田子ノ浦部屋)は初日に新小結の貴景勝、2日目に平幕・北勝富士との顔合わせとなった。この2人には昨年九州場所でいずれも金星を与えており、いきなり難敵を迎える。

     稀勢の里はこの日、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋には姿を現さなかった。部屋付きの西岩親方(元関脇・若の里)によると休養に充てたもようだ。ここまでは精力的に番数をこなし「しっかり戦える準備はできた」と場所前の調整に自信をのぞかせていた。左上腕などを負傷した後は、全休した秋場所以外の3場所は全て初日に敗れているだけに、完全復活につなげるためには連勝発進は譲れない。

     稀勢の里同様に4場所連続休場明けで、成績次第では進退問題が浮上する横綱・鶴竜(32=井筒部屋)は、初日が平幕・北勝富士、2日目が貴景勝。北勝富士には初対戦だった名古屋場所で敗れており、こちらも初日が大きなポイントとなる。2場所連続41度目の優勝を狙う横綱・白鵬(32=宮城野部屋)は初日に小結・阿武咲、2日目に平幕・逸ノ城の挑戦を受ける。(スポニチ)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
    2. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
    3. 大阪震度6弱 安倍首相、21日に被災地視察
    4. 野球漫画 「ドカベン」46年で完結 28日発売号で
    5. カナダ 地下鉄ホームから突き落とされ死亡 日本人男性か

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]