宇宙研究ボードゲーム

鳥大・前波准教授ら開発 科学と社会のつながり学ぶ /鳥取

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
鳥取大地域価値創造研究教育機構の前波晴彦准教授らが開発したボードゲーム=前波准教授提供
鳥取大地域価値創造研究教育機構の前波晴彦准教授らが開発したボードゲーム=前波准教授提供

 鳥取大地域価値創造研究教育機構(鳥取市)の前波晴彦准教授らが、宇宙研究を題材にしたボードゲーム「PERITUS」(ペリタス)を開発した。ゲームを通して科学と社会とのつながりを考えてもらうのが目的で、理工系分野への進学や研究を志す若者に向け、商品化を目指している。【李英浩】

 遊びながら社会問題への理解を深める「シリアスゲーム」の一種。研究者として人工衛星を開発し、ロケットを打ち上げるまでの過程を疑似体験してもらう。ルールはトランプのポーカーを応用したもので、プレーヤーは「制御系」「電…

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文612文字)

あわせて読みたい

ニュース特集