メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

手話漫才

笑い届け 聴覚障害者と健聴者のコンビ 全国で公演100回超、掛け合いテンポ良く /岡山

 聴覚障害者と健聴者の男性2人によるお笑いコンビ「ぷ~&み~」が、手話を交えた独自の漫才に取り組んでいる。「耳が不自由な人にも笑いを届けたい」と活動を重ね、これまでの公演回数は100回超。2人は「手話の面白さをもっと知ってほしい」とさらなる活動へ意欲を見せている。

 「やっていて思ったけど今日はお客さんが一流。スタッフも会場も一流」“三つ合わせて三流”「合わせるな! 足したら意味が変わってくる!」

 昨年12月、井原市の小学校体育館。ろう者の佐藤正士さん(48)=倉敷市=が手話や体全体を使ったジェ…

この記事は有料記事です。

残り585文字(全文834文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  5. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです