メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
南北実務者協議

あす開催 平昌に「芸術団」、北朝鮮提案で議題に

 【ソウル米村耕一】北朝鮮は13日、平昌(ピョンチャン)冬季五輪で音楽などを披露する芸術団派遣に関する実務者協議を15日に板門店(パンムンジョム)の北朝鮮側で開きたいと韓国側に提案した。韓国側はその提案を受け入れた。韓国側から12日に選手団派遣についての協議開催を打診されたが、「その日程は今後通知する」とも伝えてきた。協議の主導権を握る狙いがあるほか、広報戦略としての芸術団派遣を重視する思惑もあるようだ。

 北朝鮮側が提示した協議メンバーには「管弦楽団長」の肩書で、牡丹峰(モランボン)楽団の玄松月(ヒョン…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文542文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  2. 「ひびき」が民事再生法申請 みそだれのやきとり「ひびき庵」運営

  3. ORICON NEWS 羽生結弦、『弱虫ペダル』小野田坂道とイラスト共演 『ツール・ド・東北』駅グラフィック掲出へ

  4. 玉木雄一郎「新しい政治」 れいわ伸長は既成政党への警告

  5. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです