メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南北実務者協議

あす開催 平昌に「芸術団」、北朝鮮提案で議題に

 【ソウル米村耕一】北朝鮮は13日、平昌(ピョンチャン)冬季五輪で音楽などを披露する芸術団派遣に関する実務者協議を15日に板門店(パンムンジョム)の北朝鮮側で開きたいと韓国側に提案した。韓国側はその提案を受け入れた。韓国側から12日に選手団派遣についての協議開催を打診されたが、「その日程は今後通知する」とも伝えてきた。協議の主導権を握る狙いがあるほか、広報戦略としての芸術団派遣を重視する思惑もあるようだ。

 北朝鮮側が提示した協議メンバーには「管弦楽団長」の肩書で、牡丹峰(モランボン)楽団の玄松月(ヒョン…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文542文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 元NBAスター、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で 同乗の13歳娘も

  3. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  4. 徳勝龍の母、優勝は「ドクターイエローのおかげかも…」

  5. 「非厚底」で優勝の松田 支えたのは伝説の靴職人 大阪国際女子マラソン

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです