メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今年こそ

/5 すてきなおじさん参考に エッセイスト・金井真紀さん(43)

働くおじさんを見つめる金井真紀さん=毎日新聞東京本社で、手塚耕一郎撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 --パリで出会った男性たちに「人生で大切なこと」をインタビューしてスケッチした近著「パリのすてきなおじさん」(柏書房)が話題になっています。自称「無類のおじさんコレクター」。はまったのは一体なぜですか。

 ◆私の父は、家族に「こうあれ」と押しつけてくる結構窮屈なタイプで。何かやりたいと言っても、すぐに否定してくる。そんな中、世界の広さや楽しさを教えてくれるおじさんが親戚や知り合いにいて、救われました。大学生になると、中国語の非常勤講師が「不良じじい」だったんです。横浜の中華街にアジトがあって、教え子たちが集まってお酒を飲んだり中国将棋をしたり。先生は自由で勝手でいながら情に厚いおじさん。もう亡くなりましたが、今も「正しいか間違っているかじゃなくて、好きか嫌いかを基準に生きろ」「人生はやったもの勝ちだ」なんて言葉が耳に残っています。父にはない自由な生き方に、「こんなふうに生きていいんだ」と開眼させられ、人生に風穴を開けてもらいました。私の「選おじさん眼」が磨かれたのは、窮屈な父のおかげですね(笑い)。

 --詩人の草野心平が開いたバー「酒場学校」で働いたこともありましたね。すてきなおじさんが来ましたか…

この記事は有料記事です。

残り1538文字(全文2060文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番で警官刺され拳銃奪われる 男が逃走 大阪・吹田市
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 暴言 女性教諭、児童に「ぶち殺す」 「アホ」「バカ」も
  4. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体
  5. 暴言 支援学級担任が「色気付きやがって」 生徒不登校に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです