メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

セクハラ問題 協会、不祥事「判例作り」 伊之助は辞職で「けじめ」

セクハラ問題で立行司・式守伊之助の処分を決める臨時理事会を終え、会見の冒頭で頭を下げる日本相撲協会の八角理事長(中央)と、理事の尾車親方(右)、鏡山親方=東京都墨田区の両国国技館で2018年1月13日、手塚耕一郎撮影

 東京・両国国技館で13日に行われた土俵祭の祭主を務めるはずだった大相撲立行司・第40代式守伊之助は、未成年行司へのセクハラ問題の責任を取って、事実上、辞職した。日本相撲協会は3場所出場停止処分を科した上で辞職願を受理することになる。

 不祥事の「判例」を作りたい協会と、指導する立場で自らけじめをつけたい立行司。双方の体面を保った形で決着した。

 「酒を飲み過ぎると正気を失うところがあった」。所属する部屋の師匠・宮城野親方(元前頭・竹葉山)がこ…

この記事は有料記事です。

残り547文字(全文770文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
  2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
  3. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  4. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い
  5. 韓国大統領 正恩氏と2度目の首脳会談 板門店で実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]