メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

セクハラ問題 協会、不祥事「判例作り」 伊之助は辞職で「けじめ」

セクハラ問題で立行司・式守伊之助の処分を決める臨時理事会を終え、会見の冒頭で頭を下げる日本相撲協会の八角理事長(中央)と、理事の尾車親方(右)、鏡山親方=東京都墨田区の両国国技館で2018年1月13日、手塚耕一郎撮影

 東京・両国国技館で13日に行われた土俵祭の祭主を務めるはずだった大相撲立行司・第40代式守伊之助は、未成年行司へのセクハラ問題の責任を取って、事実上、辞職した。日本相撲協会は3場所出場停止処分を科した上で辞職願を受理することになる。

 不祥事の「判例」を作りたい協会と、指導する立場で自らけじめをつけたい立行司。双方の体面を保った形で決着した。

 「酒を飲み過ぎると正気を失うところがあった」。所属する部屋の師匠・宮城野親方(元前頭・竹葉山)がこ…

この記事は有料記事です。

残り547文字(全文770文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 支局長からの手紙 お世話になりました /愛媛
  2. ORICON NEWS 是枝裕和監督、樹木希林さんの思い出ある映画祭で涙のスピーチ
  3. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. あの人に会った 関西ジャニーズJr. 西畑大吾さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです