メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル平和賞

人類最悪の行い、繰り返されていいのか 核禁止署名拒否の日本政府を批判 ICAN事務局長

爆心地公園で献花するICANのベアトリス・フィン事務局長(左)=長崎市で2018年1月13日午前10時、森園道子撮影

 昨年のノーベル平和賞を受賞した国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のベアトリス・フィン事務局長(35)は13日、長崎市の長崎原爆資料館であったセミナーで基調講演した。国連で成立した核兵器禁止条約に署名しない方針の日本政府に対し「核の傘の下にいることを良しとしている。広島、長崎のような人類最悪の行いが繰り返されていいと考えているのか」と批判した。

 セミナーは長崎大核兵器廃絶研究センターが主催し、約310人が参加。フィン事務局長は「真実を語り続けてくれた皆さんの協力なくして核兵器禁止条約の成立はなかった」と被爆者への感謝を述べた。そのうえで「被爆地が持つ価値観と東京の政府の政策には大きな溝があり、埋める必要がある。国民の声を一つに訴えれば、政府も無視することはできない」と、世論の喚起を求めた。

この記事は有料記事です。

残り145文字(全文503文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府のウィズコロナ「間違っている」? 疫学専門医師が訴える「ゼロコロナ戦略」とは

  2. 「だまされたふり作戦」で特殊詐欺を逮捕 協力の銀行員に感謝状 大阪府警

  3. 東京で新たに618人感染確認 2日連続1000人下回る

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです