メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

「日本政府、被爆者と溝」 ICAN事務局長、長崎で講演

 昨年のノーベル平和賞を受賞した国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のベアトリス・フィン事務局長(35)は13日、長崎市の長崎原爆資料館であったセミナーで基調講演した。国連で成立した核兵器禁止条約に署名しない方針の日本政府に対し、「広島、長崎のような人類最悪の行いが繰り返されてもいいと考えているのか」と批判した。

 セミナーは長崎大核兵器廃絶研究センターが主催し、約310人が参加した。

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文498文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  2. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

  3. 元農水次官、長男殺害で懲役6年の実刑判決 東京地裁

  4. 長男殺害の元農水次官「かわいそうな人生を送らせた」被告人質問で涙

  5. 反社会的勢力の定義困難「お困りであれば警察に」 16日午前の菅官房長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです