メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コンテンポラリーダンス

「モナカ」 21日・福岡市立東市民センター

 <日曜カルチャー>

 コンテンポラリーダンスカンパニー「Co.山田うん」の代表作「モナカ」が21日、福岡市東区千早4の市立東市民センターなみきホール(なみきスクエア内)で上演される。振り付け・演出を手掛ける主宰の山田うんは「動く絵画のように見えるので、美術好きの人にも楽しんでいただける」。

 「1秒という時間や感情を100個ぐらいに分割できないか」。そういう発想をもとにイメージを膨らませ、生まれたのが「モナカ」。「さまざまな風景が消えたり、浮かんだり。動物だったり、人間に見えたりする」と言う。日本人ならではの身体表現を意識。動きは緩…

この記事は有料記事です。

残り403文字(全文671文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  2. 東海道新幹線 「拳銃所持」通報 一時運転見合わせ
  3. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  4. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  5. 地方選 自民支援候補が相次いで敗北、党内に警戒感

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです