メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

好きに食べたい

虫食らう姫<前編>=服部みれい

 「世の中で、あんなにうまいものはないってくらいうまいよ!」と父からしょっちゅう聞かされていたのはカミキリムシの幼虫の話である。

 岐阜・美濃に引っ越してしばらくすると、パートナーの福太郎さんが、父に教わってまき割りをするようになり、そんな話をするようになった。まき割りをすると出て来るのである、カミキリムシの幼虫が。

 白くて、もこもこしていて、ちいさな斑点もついていて、正直、も、の、す、ご、く、気持ちが悪い。

この記事は有料記事です。

残り824文字(全文1029文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 し尿処理できず「水や食事我慢」 愛媛・大洲
  2. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
  3. ロシアW杯 決勝に水を差す愚行 男女4人が乱入
  4. プラスチック危機 海流入、50年までに魚の総重量超え?
  5. プラスチック危機 つながる海、牙むくゴミ(その1) クジラの体内から29キロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]