メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾貴史のちょっと違和感

年始のごあいさつ 喪中はがきの風習は必要?

=松尾貴史さん作

 今年初めての原稿なのだが、年始のごあいさつという時期でもないのだろうか。昨年の3月に父が亡くなったので、子としてはおよそ1年間の服喪期間中ではある。しかし、周囲が「おめでとう」と華やいでいるときに「喪中ですので」などと言って水をさすのもおかしいし、そんなことを言っている人を見たことがないので、何も考えずに「今年もよろしくお願いします」と応じていればいいのだろうか。

 何年も年賀状を出していないので、喪中ハガキも出していない。以前も書いたが、喪中ハガキなど受け取った…

この記事は有料記事です。

残り1171文字(全文1405文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」
  2. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  3. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  4. 札幌爆発 周辺住民、不安の夜 150メートル先ガラスも割れ
  5. 電気製品 つなげすぎると火災の危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです