メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鉄道模型

大人も夢中 持ち込み「可」で人気 群馬・桐生

自慢の模型を持ちこんで走らせることができる「鉄道模型の部屋」

 群馬県桐生市梅田町5の「梅田ふるさとセンター」で、精密な鉄道模型を実際に走らせる「鉄道模型の部屋」が人気を呼んでいる。週末には子どもたちの歓声でにぎわうが、目立つのは夢中になっている大人たち。その人気の秘密は、持ち込んだ模型を走らせることができる点にある。3月26日まで。

 「鉄道模型の部屋」は5年前、同センターの創作実習室で、利用者がない期間を利用して不定期で始まった。好評のため、昨年からは冬季にほぼ3カ月の長期開催を決行。今回がその2回目となる。

 実習室内には、180センチ×90センチのパネル9枚が並べられ、その上に一般家庭ではまねできないレイ…

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文631文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  2. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  3. 政府、ファーウェイの排除へ 米国に歩調
  4. ファーウェイCFOを拘束 米国要請受けカナダ当局
  5. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです