メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

井の頭池

水抜いたらスッポンが 在来種増、ゴミは大幅減

水を抜いて浅くなった池で魚を捕まえるボランティアの人たち=東京都立井の頭公園お茶の水池で
かいぼりで捕れたスッポンに歓声を上げる人たち=東京都立井の頭公園お茶の水池で

 東京都立井の頭公園(武蔵野市、三鷹市)の井の頭池で、水を抜いて水質浄化し、外来生物を駆除する「かいぼり」が行われている。13日は水位が膝下まで下がった池で、市民ボランティア約100人が魚や亀を捕獲。駆除する外来種と保全する在来種に選別した。

 かいぼりは都や両市などが実施し、今回は2013年度と15年度に続き3回目。過去2回と比べて、外来種が減って在来種が増えた傾向がみられたという。自転車などの粗大ゴミも大幅に減り、公園利用者の意識が向上したようだ。

 井の頭池は四つに区分され、このうち「お茶の水池」で魚を捕獲。気温5度に満たない寒空の下、参加者は胴長や長靴を着用して池へ入り、泥だらけになって魚を網ですくった。外来種はブルーギルなど、在来種はナマズやスッポンがみられた。

 都西部公園緑地事務所によると、この日捕獲した外来種は魚類4種160匹、エビ亀類など4種148匹。在来種は魚類5種298匹、エビ亀類など5種1372匹。総数で在来種が大きく上回った。

 井の頭公園で10年以上の調査経験がある市民グループ「井の頭かんさつ会」の田中利秋代表(65)は「在来種が増えたと実感している。投棄された自転車はなく、マナーは向上している」と話した。

 14日も引き続きボランティアが捕獲する。1月下旬から3月初旬まで、池の底を天日干しして環境を改善した後、在来種を戻す計画だ。【福沢光一】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 卓球 福原愛さん引退 中国、台湾でも高い関心
  2. サウジ記者死亡 騒がれパニック、首絞める 「殺意ない」
  3. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  4. プロ野球CS 勝利疑わず…西武の辻監督、最後におえつ
  5. 卓球 福原愛が現役引退を表明 自身のブログで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです