メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石仏

買いませんか? 拾得物、持ち主名乗り出ず 熊本

買い取り希望者を公募している石仏

 熊本市北区の用水路で昨年9月に見つかり、拾得物として届けられた石仏について、熊本中央署は保管期限までに持ち主が名乗り出なかったため、買い取り希望者を公募している。25日まで。

 石仏は昨年9月13日、同区北迫町の用水路にあるのを近所の女性が見つけ、交番に届け出た。縦約50センチ、横幅約25センチ。年号を示すとみられる「寛延」(1748~51年)や「四月十九」などの文字が彫られている。

 同署によると、保管期限を過ぎた遺失物は古物商などによる入札で売却処分されるが、今回は市民から「お金を出してでも引き取りたい」などの問い合わせが数件あり、希望者を募る。25日までに希望額などを書いた見積書を同署会計課に提出。2月8日に見積書が開札され、最高額の人が買い取ることができる。問い合わせは同署会計課(096・323・0110)。【野呂賢治】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  2. 西日本豪雨 誘導警官2人犠牲に 遺族「誇りに思う」
  3. 西日本豪雨 「見捨てたりしない」命救う無名のボート
  4. 社説 カジノ法案が成立へ 賭博に頼る発想の貧しさ
  5. 東京五輪 「期間中に夏休み」政府、首都圏企業に要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]