河野外相

「ロヒンギャ」現地視察 ミャンマー政府容認

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
河野太郎外相=川田雅浩撮影
河野太郎外相=川田雅浩撮影

 【マウンドー(ミャンマー西部)西脇真一】ミャンマー訪問中の河野太郎外相は13日、少数派イスラム教徒ロヒンギャが暮らすラカイン州北部マウンドーの村やバングラデシュとの国境を視察した。マウンドーは、昨年8月にロヒンギャの武装集団と治安部隊の戦闘が最初に始まった地域。ミャンマー政府が外国政府要人のこの地域への訪問を受け入れるのは、昨年8月以降初めて。

 ミャンマーでは中国の影響力が拡大しており、ロヒンギャ問題でも国際社会から批判されるミャンマーを中国が擁護してきた。今回の訪問受け入れは、支援と批判のバランスを取りながらミャンマーの国際的な信用回復に一役買おうとする日本の姿勢が評価されたとみられる。

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文540文字)

あわせて読みたい

ニュース特集