メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

対サイバー攻撃

政府、新組織設立へ 被害情報を官民共有

 政府は、民間企業などがサイバー攻撃を受けた際、被害の深刻度や対応策などの情報を官民で共有する新しい組織を設立する方針を固めた。事務局を内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)に置き、民間企業が被害情報を提供しやすいよう、匿名性を確保する仕組みを検討。2020年東京五輪・パラリンピックに向けたサイバー防衛強化の一環で、22日召集の通常国会に、新組織に関するサイバーセキュリティ基本法改正案の提出を目指す。

 新組織は、民間のコンピューターセキュリティー事業者やインターネット通信事業者などがメンバーとして参…

この記事は有料記事です。

残り522文字(全文777文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」
  2. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  3. 雑居ビルで爆発 42人負傷 ガス爆発の可能性も 札幌市
  4. 札幌の飲食店付近で爆発 けが人10人以上か 札幌市
  5. 幽霊消防団員 内部告発で活動禁止や嫌がらせの報復受けたケースも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです