メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GM

自動運転車開発、米グーグル追い上げへ 蓄積生かし

 【ワシントン清水憲司】米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)が2019年中の自動運転車の実用化に向け着々と準備を進めている。米運輸省に提出した報告書を12日公表し、ハンドルやブレーキ、アクセルを設置しないことや何重もの安全システムを構築することを表明した。既存の自動車メーカーならではの蓄積を生かし、開発で先行する米グーグルを追い上げる方針だ。

     GMは電気自動車(EV)「ボルト」をベースに開発中で、19年中に米国内で自動運転車によるライドシェア(相乗り)を試行する。交通や天候など一定の条件の下、人間が介在せずに自動運転を行う「レベル4」の技術になる見通しだ。米フォード・モーターやドイツのフォルクスワーゲン(VW)、BMWなどが21年の実用化を目標にする中、既存メーカーとしての「一番乗り」を目指すとみられる。

     米国の安全基準はハンドルやブレーキなどの設置を義務づけており、GMは例外扱いを求め、安全対策などを盛り込んだ報告書を運輸省に提出した。これによると、自動運転中、乗客は車内のボタンを押して遠隔地にいる警戒要員と連絡が取れ、別のボタンを押せば緊急停止できるようにする。また、異常発生時に対応する予備システムを用意し、さらに問題がある場合には自動的に停車する。事故時に救助を要請したり、データを保存して再発防止につなげたりする仕組みも整えるという。

     一方、グーグルの開発子会社ウェイモは15年にハンドルもブレーキもない自動運転車の試験走行を成功させ、今年前半には他社に先駆けて自動運転車によるライドシェアの試行を始める。自動運転のソフトウエアやセンサー類は自作するものの、クルマそのものは他社製だ。これに対しGMは「自動運転車を量産できる唯一の企業」を掲げる。早期の量産化で新規参入組との競争を有利にする狙いがあるとみられる。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 青森4人死亡 被害者が飲酒とネット上で中傷 県警が否定
    2. 愛媛県 養殖ブリの餌にチョコ 抗酸化、鮮やかな色保つ
    3. システム障害 札幌地下鉄で運行停止 乗客一時閉じ込めも
    4. 地方選 自民支援候補が相次いで敗北、党内に警戒感
    5. キユーピー マヨネーズの中身が流れ落ちやすい容器を投入

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです