メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台湾

北朝鮮への密輸で金融制裁 男性と企業4社に

 【台北・福岡静哉】香港船籍のタンカー「ライトハウス・ウィンモア号」が公海上で北朝鮮船に石油精製品を移し替えて密輸していた問題で、台湾法務部(法務省)は12日、密輸に関与した疑いで南部・高雄市に住む男性(52)と男性が関係する企業4社に対し、銀行取引停止などの金融制裁を発動したと発表した。

     昨年9月に採択された国連安全保障理事会の決議は、北朝鮮船へ物品を移し替えることを禁じている。台湾メディアによると、男性は貿易や漁業などの企業を経営。台湾当局の調査に「中国人の紹介で船を借りて海上取引をした。(取引相手が)北朝鮮船とは知らなかった」と話している。

     韓国政府は昨年11月、東シナ海の公海上で同10月に石油精製品約600トンを北朝鮮船に移し替えたとしてこのタンカーを摘発した。台湾は国連に加盟していないが、安保理の制裁決議を順守すると表明。昨年9月に北朝鮮との貿易を全面禁止した。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
    2. 今どきの歴史 世界遺産候補 百舌鳥・古市古墳群(大阪府) 悩ましき被葬者論争
    3. 消費増税 19年10月から10% 安倍首相 閣議で表明
    4. 強盗 現金5100万円奪われる 顔面に液体塗りつけられ
    5. 事故 バイク3台転倒、男女6人死亡2人重傷 奈良の国道

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです