メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チベット・台湾問題

欧米企業で謝罪相次ぐ 中国当局調査

 【上海・林哲平】米ホテル大手のマリオット・インターナショナルやスペインの衣料品メーカー「ZARA」など複数の欧米企業が自社のインターネットサイトでチベットや台湾を「国」と表現していたとして中国当局の調査を受け、謝罪に追い込まれる事態になっている。

     マリオットは中国の会員向けのアンケートで、住んでいる「国」としてチベットや台湾、香港、マカオを中国大陸とともに選択肢に挙げていた。中国政府は台湾を「中国の一部」とする立場で、チベットなどは自国の領土。ネットでは「独立運動に加担している」との抗議が殺到した。上海市のネット管理当局はインターネット安全法違反の疑いがあるとして調査に乗り出した。マリオット側は12日、中国SNSの微博にアーン・ソレンソン社長名の謝罪文を発表。「中国の主権と領土の完全を覆すいかなる行為も支持しない」と強調した。

     ZARAや米国のデルタ航空など別の3社でも台湾などを国として表現したことが当局から問題視され、各社はサイト上などで謝罪した。中国メディアによると、中国国内の一部のマリオットホテルで予約のキャンセルが起きている。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. セクハラ疑惑 麻生氏止まらぬ擁護 女性活躍ポーズだけ?
    2. セクハラ疑惑 麻生財務相「はめられたとの意見ある」
    3. 衣笠さん死去 「江夏の21球」支えた沈着さ
    4. 衣笠祥雄さん死去 2215試合連続出場、不屈の闘志
    5. はしか 病院で拡大 愛知県、5人目感染を発表

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]