メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南極上空

オゾン層の破壊20%減る NASA観測

 米航空宇宙局(NASA)は、2016年に南極上空で破壊されたオゾンの量は、05年よりも20%減っていたと発表した。太陽からの有害な紫外線を吸収するオゾン層は、フロンなどの化学物質で破壊される。これらを制限する国際条約「モントリオール議定書」の効果を示す初の証拠としている。

 NASAの研究チームは05~16年、南極の冬~春…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文405文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大前監督の内田氏、心労で入院へ
  2. アメフット 「日大選手、かわいそう」被害者の父が投稿
  3. 広島・高2殺害 「わいせつできず怒り」容疑者、突発的か
  4. 森友交渉記録 「安倍晋三小」14年認識 近畿財務局
  5. 日大 内田監督 誠意なき辞任 「かんさいがくいん」と何度も間違い……(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]