メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セクハラ

「水戸ご当地アイドル」メンバー被害

 水戸市のイメージアップを担う「魅力宣伝部長」を委嘱されていた女性アイドルグループ「水戸ご当地アイドル(仮)」に所属していたメンバー(18)が、運営者の男性によるセクハラ被害をツイッターで訴え、グループが事実上の活動休止となっていることが分かった。市はグループに事情聴取。グループは12日、ホームページ上で魅力宣伝部長を辞退すると発表した。

 グループは2012年4月、水戸市の商店主らが実行委員会を作ってメンバーを公募。アイドルを目指す10~20代の女性がメンバーを務めてきた。被害を訴えている元メンバーによると、16年11月、イベント前日に男性にバーに連れ出されて飲酒させられたり、17年夏にはイベントの控室で胸を触られ「柔らかかった」と言われたとしている。同年11月、自身のツイッターで「運営責任者から飲酒強要やセクハラがあった」などとつぶやき脱退したことで発覚した。

 毎日新聞が男性に対して取材を申し込んだところ、メールで返答があった。男性は「飲み物は彼女自身が決めた。強要していない」と否定する一方で、飲酒させたことは「深く反省している」と答えた。またセクハラについては「胸を触ってしまったかもしれないと言った。セクハラと主張されても仕方ない部分もある」と認めた。【根本太一】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. 大阪北部地震 68%が出社不要 関西企業60社アンケ 
  3. 祇園祭 後祭の宵山始まる 24日の花傘巡行は猛暑で中止
  4. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  5. 西日本豪雨 真備の死者9割が自宅で 高齢で2階上がれず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]