メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲初場所

優勝額贈呈式は白鵬だけ出席 14日初日

 元横綱・日馬富士の傷害事件をはじめ不祥事が相次ぐ大相撲は14日、東京・両国国技館で初場所初日を迎える。事件現場に同席し処分された白鵬関と鶴竜関の2横綱が無給で出場するなど、異例の事態が続く。一方で前売り券は即日完売し、懸賞の申し込みが過去最高を上回る勢いと、相撲人気は続いている。

 13日は国技館で土俵祭があり、幕内上位力士が出席して土俵の無事を祈った。先月の臨時横綱審議委員会で、張り手やかち上げを多用する取り口を批判された白鵬関は「いつも通りやるだけ」と淡々と話した。鶴竜関は「自分の相撲に集中したい」と4場所連続休場明けの場所での再…

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文675文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. アメフット 日大以外の関東15大学が共同宣言
  3. 名古屋市 「名古屋に将棋会館新設を」 河村市長が意欲
  4. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
  5. アメリカンフットボール 悪質反則 「監督指示」 日大選手主張へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]