メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

PGA Tour

ホウグがツアー出場76試合目での初優勝を狙う(PGA Tour)

情報提供:PGA Tour

ソニーオープン・イン・ハワイ 3日目

PGAツアー第10戦 ソニーオープン・イン・ハワイ/ハワイ州 ワイアラエCC

ノースダコタ出身の28歳に絶好のチャンス到来

 弾道ミサイル発射を知らせる誤警報も、トム・ホウグには気にならなかったようだ。この日は終盤で2つのバーディを奪うなどし、安定したプレーで6アンダー64(パー70)をマーク。ソニー・オープン3日目を後続に1打差の首位で終え、明日の最終日、ツアー初タイトルを狙う。

MORE:ソニーオープン・イン・ハワイの最新スコアはここをクリック!

 17番パー3で約12メートルのバーディパットを沈めた後、18番パー5ではバンカーから寄せワンでバーディを奪い、この日のラウンドを終えた。

 ホウグはノースダコタ州出身の28歳。2015年のウィンダム選手権36ホール終了時点で、タイガー・ウッズとともに首位に並んだ経験を持つ。54ホール終了時点で首位に立つのは、ホウグにとって初めての経験だ。

 ハワイの島中を不安に陥れた弾道ミサイル飛来の誤警報の原因について、不明な点が残る中、ここワイアラエCCでも、明日についてさまざまな予測が立てられている。リーダーボード上位は混戦。最終日に何が起こるか、誰にも分からないといった状況だ。

 開始時間が遅かったこの日、弾道ミサイル飛来のため避難するようにとの誤警報が送られた際、ワイアラエCCにはほとんど誰もいなかった。

 だが、このアラートにより、島中がパニックになった。J.J.スパウンはホテルの地下に避難中とツイート。ジョン・ピーターソンは家族全員でバスタブに入り、上からマットレスをかぶった。

 ホウグはどうしていたかというと、出身校のテキサスクリスチャン大学がバスケットボールで対オクラホマ戦に負けていることに憤慨していた。

「だって、ミサイルを防ぐために何をしたらいいかなんて、ボクには分からないもの」

 ミサイルは来ないと分かった後、ホウグは日差しに溢れ、再び暖かい陽となったワイアラエをどのように攻略するか、その方法をしっかりと見出した。

 この日はボギーなし。短いホールでいいティーショットからのバーディをいくつも決め、17番パー3ではロングパットを沈めてバーディ。18番パー5もバーディで締めくくった。

ブライアン・ハーマンは首位と1打差の通算15アンダー2位タイ Photo by Sam Greenwood/Getty Images

 今年は首位含む4打以内に7人がひしめいている。昨年は3日目終了時点でジャスティン・トーマスが後続を7打も引き離していたのとは大きな違いだ。

 現在、首位と1打差の通算15アンダー2位タイのキザーはこう話す。

「バーディがたくさん出ているよ。このコンディションを最大限に利用しないとね」

 5人の選手が首位に立った3日目。第2ラウンド時点の首位ブライアン・ハーマンも優勝戦線からは脱落しなかった。

 安定したパフォーマンスを見せつつ、後続の選手たちほどスコアを伸ばせず、通算15アンダー2位タイでホールアウトした。ハーマンは2週連続で最終日を最終組でプレーすることになる。

ジャスティン・トーマスが首位と6打差の通算10アンダー9位タイと逆転が狙える位置まで浮上してきた Photo by Chris Condon/PGA TOUR

 前年覇者のトーマスは、この日出入りの激しいスタート。1番パー4をボギーとした後、2番パー4では残り175ヤードからイーグルを決め、3番パー4では再びボギー。

 その後はバーディ5つを奪い(ボギー1つ)、この日のスコアを4アンダー66として、首位と6打差の通算10アンダー9位タイにつけている。

 ジョーダン・スピースはこの日も波に乗り切れず、ラウンド終了後は練習のためパッティンググリーンに向かった。この日はボギーなしのラウンドながら、奪ったバーディは4つのみ。4アンダー66でホールアウトし、通算7アンダーは首位と9打差だ。

 いずれにせよ、この日のコースでの話題はミサイル警報が誤りだったことに終始した。

「ホテルで、スピーカーからの大きな声で『全員、身を隠しなさい、これは練習ではありません』と言われたときには、本当に怖かったよ」とスピースは話した。


情報提供:PGA Tour

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」
  2. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  3. 札幌の飲食店付近で爆発 けが人10人以上か 札幌市
  4. 札幌飲食店付近で爆発 店「跡形もなく」 消防員近づかないよう呼びかけ
  5. 幽霊消防団員 内部告発で活動禁止や嫌がらせの報復受けたケースも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです