ソフトバンク

携帯上場 年内検討、2兆円調達

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ソフトバンクグループは、傘下の携帯電話事業会社ソフトバンクを年内に東京証券取引所1部に上場させる検討に入った。資金調達額は2兆円程度を想定しており、過去最大規模の新規株式公開(IPO)となる可能性がある。

 ソフトバンクグループが保有する99%のソフトバンク株のうち、約3割を投資家に売り出す計画。早ければ春にも東証に上場を申請し、秋ごろの上場を目指す。

 IPOによる資金調達額としては、過去最大だったNTT(2兆2000億円)に匹敵する規模となる。ソフトバンクグループは既に東証1部に上場しており、親会社と子会社の両方が上場している形になる。

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文642文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集