メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論の周辺

戦後を照らし出す回想録

 ドイツ文学者でエッセイストの池内紀さんが、「自伝的回想録」と銘打った著書『記憶の海辺』(青土社)を出した。池内節ともいうべき個性的な文体の妙味を存分に楽しめるエッセー集だが、副題にあるように「一つの同時代史」でもある。1940年生まれの著者がたどってきた人生の軌跡とともに、戦後の日本と世界の動きがいっぷう変わった角度から光を当てられ、浮かび上がってくる。

 最初の章は「38度線」。池内さんが10歳になる50年に勃発した朝鮮戦争のことが語られる。ただし、語…

この記事は有料記事です。

残り1275文字(全文1504文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. アメフット 日大以外の関東15大学が共同宣言
  3. 名古屋市 「名古屋に将棋会館新設を」 河村市長が意欲
  4. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
  5. アメリカンフットボール 悪質反則 「監督指示」 日大選手主張へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]