メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論の周辺

戦後を照らし出す回想録

 ドイツ文学者でエッセイストの池内紀さんが、「自伝的回想録」と銘打った著書『記憶の海辺』(青土社)を出した。池内節ともいうべき個性的な文体の妙味を存分に楽しめるエッセー集だが、副題にあるように「一つの同時代史」でもある。1940年生まれの著者がたどってきた人生の軌跡とともに、戦後の日本と世界の動きがいっぷう変わった角度から光を当てられ、浮かび上がってくる。

 最初の章は「38度線」。池内さんが10歳になる50年に勃発した朝鮮戦争のことが語られる。ただし、語…

この記事は有料記事です。

残り1275文字(全文1504文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  2. ORICON NEWS 女優・矢作穂香、夜の新宿で魅せた美しさ 体全体で思いを表現
  3. トランプ氏 私室に招き夕食 安倍首相、親密ぶり強調
  4. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  5. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです