メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演歌・歌謡ラボ

早瀬ひとみ/佐々木秀実=専門編集委員・川崎浩

早瀬ひとみ 私ならではの世界を

 歌謡曲歌手が演歌歌手と違うのは「洋楽の素養」が必須であることである。演歌歌手はほとんど、作曲家の師匠がいて、歌唱の基礎をたたき込まれる。だが、歌謡曲の場合、洋楽の一ジャンルくらい歌えて当たり前。そこが、どこかにしゃれっ気やエキゾチシズムを感じさせる理由なのである。

 早瀬ひとみは、演歌歌謡でキャリアをスタートさせ「ちょっと待って大阪」がヒットしたが、壁を感じ、シャンソンやラテンを学んだ。最近は、ベテラン作曲家・浜圭介お得意の“無国籍歌謡”を連作している。最新作「京都一人/別離~さよなら~」(コロムビア)も、「『…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  3. 神戸市交通局「心からおわび」 逮捕の運転手、朝のアルコール検査で異常なく 神戸・バス事故
  4. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故
  5. 官邸・与党「ちぐはぐさ」露呈…補選2敗 安倍政権、影響抑えに躍起

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです