メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神大震災

「がれきで中皮腫」 公務災害認定求め提訴 明石市職員遺族

 阪神大震災でがれきの収集作業などに携わり、アスベスト(石綿)が原因とされる中皮腫で2013年に死亡した兵庫県明石市職員、島谷和則さん=当時49歳=の妻(54)が15日、地方公務員災害補償基金を相手取り、公務災害として認めるよう求め、神戸地裁に提訴した。

 原告の支援団体によると、阪神大震災関連の石綿被害で公務災害認定を求める訴訟は初めて。

 原告を支援する「ひょうご労働安全衛生センター」や訴状によると、島谷さんは市環境事業所の職員として震災後にがれきの収集に従事し、がれきに含まれる石綿粉じんにばく露したとしている。

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文548文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  2. 大学爆破予告容疑で阪大院生を再逮捕 「恒心教」名乗り繰り返す? 警視庁

  3. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  4. 三菱重工広島が初回に2点先制 松永、松原が連続適時二塁打 都市対抗

  5. 東京都、飲食店などに時短要請へ 25日午後5時からの記者会見で公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです