メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神大震災

災害の教訓つなぐ私設資料室 被災の建築士 17日オープン

私設の震災資料室を開く準備に追われる曹弘利さん=神戸市長田区長田町1で、2018年1月12日、高尾具成撮影

 阪神大震災で被害の大きかった神戸市長田区に17日、私設の震災資料室がオープンする。自らも被災した1級建築士で、NGO「国境なき災害支援隊」(同区)代表、曹弘利(チョホンリ)さん(64)が「次代にどう継承できるか」と問う中で思いたった。小さな事務所の一角で「阪神」の記録、東日本大震災や海外の被災地支援の活動を紹介する。

 同市須磨区にあった曹さんの住居兼建築事務所は1995年1月の震災で焼失。路上で10日間、テント暮ら…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文575文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 高2男子に切りつけ、強盗殺人未遂容疑で中国籍の男逮捕 埼玉・蕨

  4. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです