メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル平和賞

ヒロシマで決意新た ICAN事務局長、慰霊碑献花

平和記念公園の原爆慰霊碑に献花するICANのベアトリス・フィン事務局長(右)と川崎哲・国際運営委員=広島市中区で2018年1月15日午前9時25分、山田尚弘撮影

 昨年のノーベル平和賞を受賞した国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のベアトリス・フィン事務局長(35)が15日、広島市の平和記念公園を訪れた。ICANの川崎哲・国際運営委員と共に原爆慰霊碑に献花した後、原爆資料館を見学。犠牲者に思いをはせ、核廃絶への決意を新たにしていた。

 フィン事務局長は12~18日の日程で初…

この記事は有料記事です。

残り160文字(全文325文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  2. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  3. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  4. 池袋暴走書類送検 遺族の松永さん「やっとスタートラインに」

  5. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです