メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シンポジウム

「定員内不合格」で高校未進学者の人権考える 千葉 /千葉

シンポジウムで発言する参加者ら=千葉市で

 高校の定員に満たないのに不合格となる「定員内不合格」で進学できなかった子供たちの人権を考えるシンポジウム(子どもの人権と教育のセーフティーネットを考える集会実行委員会)が14日、千葉市内で開かれた。高校全入の意義を訴える児童自立援助ホーム南柏ホーム長の佐藤陽一さん(57)による講演のほか、実際に進学できなかった子供を持つ保護者ら70人あまりが問題解決を目指し、ディスカッションした。

 文部科学省によると、高校進学率は1974年度以降、9割を超え、2016年度は96・6%(通信制を除く)に上っている。一方で、「定員内不合格」を受けている子供たちもいる。県内では17年度、追加募集でも定員内不合格になり、進路未決定となった子供が9人(中学卒業生全体の0・02%)いた。

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文612文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  4. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

  5. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです