対話集会

ICAN事務局長、若者50人と 「希望、エネルギー、SNS武器に」 長崎大 /長崎

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
長崎大の学生と対話するフィン事務局長(右から2人目)
長崎大の学生と対話するフィン事務局長(右から2人目)

 昨年のノーベル平和賞を受賞した国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のベアトリス・フィン事務局長(35)は14日、長崎市坂本1の長崎大で、大学生や高校生ら若者50人との対話集会に臨んだ。フィン事務局長は、若者には希望、エネルギー、ソーシャルメディアの三つの“秘密の武器”があるとし、「希望は活動の源泉で、エネルギーは(核兵器を巡る)悲観主義を乗り越える力に、そしてソーシャルメディアで世界中の人とつながることができる」と話した。

 長崎の若者代表として海外の軍縮会議などに派遣される「ナガサキ・ユース代表団」の経験者や、日ごろ平和活動に取り組む大学生、高校生らが参加。フィン事務局長は「核兵器廃絶、核兵器禁止条約の署名という皆さんの声を集めれば、日本政府も無視できなくなる」と語った。

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文594文字)

あわせて読みたい

注目の特集