メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宗麟大橋

開通 渡り初め5000人 渋滞緩和に期待 大分川 /大分

火縄銃の「祝砲」を合図に市民ら約5000人が一斉に歩いた

 大分市中心部に近い大分川に宗麟大橋が14日、開通した。大分川河口部で新しい橋が架かるのは51年半ぶり。高速道路へのアクセス向上のほか、渋滞緩和や災害時の緊急輸送道路の役割なども期待されている。事業費は約146億円。

 この日、開通されたのは芸短大北交差点と下郡工業団地入口交差点を結ぶ庄の原佐野線の元町・下郡工区の1・2キロ。国道10号と立体交差し、宗麟大橋(350…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文459文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東大阪で新成人ら20人クラスター 成人式後に会食の2グループ 新型コロナ

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです