メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲初場所

謝罪なき初日 八角理事長、不祥事相次ぐ中

協会あいさつをする日本相撲協会の八角理事長(中央)と、白鵬(前列左から二人目)ら力士たち=東京・両国国技館で2018年1月14日、渡部直樹撮影

 元横綱・日馬富士(33)の傷害事件や現役最高位の立行司・第40代式守伊之助(58)=宮城野部屋=のセクハラ問題と不祥事が続いた大相撲は14日、東京・両国国技館で初場所初日を迎えた。信頼回復を誓う日本相撲協会だが、八角理事長(元横綱・北勝海)は恒例の協会あいさつで不祥事に言及することなく、「謝罪なき初日」となった。

 満員札止めの中、八角理事長は、中入り前の協会あいさつで「新進気鋭の各力士は日ごろの稽古(けいこ)の…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文513文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  2. ORICON NEWS 指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」
  3. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  4. 日大チアパワハラ 「学校の恥」「ずる賢いばか」暴言次々
  5. 「群馬大医学部不合格は55歳の年齢」横浜68歳女性、公明正大な入試訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです