メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲初場所

謝罪なき初日 八角理事長、不祥事相次ぐ中

協会あいさつをする日本相撲協会の八角理事長(中央)と、白鵬(前列左から二人目)ら力士たち=東京・両国国技館で2018年1月14日、渡部直樹撮影

 元横綱・日馬富士(33)の傷害事件や現役最高位の立行司・第40代式守伊之助(58)=宮城野部屋=のセクハラ問題と不祥事が続いた大相撲は14日、東京・両国国技館で初場所初日を迎えた。信頼回復を誓う日本相撲協会だが、八角理事長(元横綱・北勝海)は恒例の協会あいさつで不祥事に言及することなく、「謝罪なき初日」となった。

 満員札止めの中、八角理事長は、中入り前の協会あいさつで「新進気鋭の各力士は日ごろの稽古(けいこ)の…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文513文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
  2. 森元首相 「余計なことしやがって」 石破氏依頼に苦言
  3. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行
  4. ステルス戦闘機 ハリケーン直撃で大量に大破か 米国
  5. 今どきの歴史 世界遺産候補 百舌鳥・古市古墳群(大阪府) 悩ましき被葬者論争

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです