メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外熊谷、国内観測史上最高の41・1度
公文書クライシス

公用メール廃棄 「私的メモ」公開逃れ

 国家公務員の公用電子メールの利用が急増しているにもかかわらず、その多くが公文書として扱われていない実態が毎日新聞の取材で判明した。公文書管理法が保存を義務づける重要な内容もあるとみられるが、官僚個人の判断で情報公開の対象外とされたり、削除されたりしている。官僚たちは「電話と同じ」「私的なメモ」と話すが、メールを公文書として扱うようルール化している自治体もある。【大場弘行、内橋寿明、日下部聡】

この記事は有料記事です。

残り2121文字(全文2319文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クックパッドニュース [驚きワザ]桃の長期保存には◯◯を使うのが鉄則!
  2. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  4. 天気 大暑 東京・青梅で40.3度 各地で39度超え
  5. 文科省汚職 「裏口入学ある」伝達 東京医大前理事長

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]