社会保障費

抑制に新目標 負担増可能性も 政府検討

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 政府は、高齢化に伴う社会保障費の自然増に対する新たな抑制目標を設ける検討に入った。財務、厚生労働省などと与党で調整し、6月の骨太方針に盛り込む方針だ。

 抑制幅によっては負担増に踏み込まざるを得ず、調整は難航しそうだ。

 政府は2015年6月に、16~18年度の自然増を計1兆5000億円、各年度で5000億円以内に抑える目標を「目安」として閣議決定した。自然増は各年度で6300億~6700億円と見積もられ、それぞれ1300億~1700億円を削減し、目標を達成した。

 16、18年度は医療サービスの値段を決める診療報酬改定で大幅に削減した。医療費には10兆円規模の国費が使われており、削減の余地が大きい。一方、17年度は医療や介護の自己負担などの制度改正で削った。

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文676文字)

あわせて読みたい

注目の特集