連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

いじめ自殺、第三者委役割は? 原因調べ再発防止策 家族が不信感も=回答・夫彰子

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
青森市教委の第三者委員会への失望感を語る葛西りまさんの父剛さん(右)=青森市で2017年4月、北山夏帆撮影
青森市教委の第三者委員会への失望感を語る葛西りまさんの父剛さん(右)=青森市で2017年4月、北山夏帆撮影

 なるほドリ いじめ自殺が起きた後に第三者委員会というのが話題になるね。

 記者 教育委員会や学校が設置する組織で、いじめの有無(うむ)や自殺の原因を調べて再発(さいはつ)防止策を提言します。2011年10月に大津市立中2年の男子生徒が自殺した問題で、市教委や学校の「隠蔽(いんぺい)体質」が問われたのを受けて制度化されました。中立、公平な調査のために外部の「第三者」が委員になりますが、弁護士など分野別の専門家で構成することが多いようです。

 Q 家族が調査のやり直しを求めることもあるって聞いたけど。

この記事は有料記事です。

残り561文字(全文811文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集