メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

世界遺産がブームですが? 島本来の姿守りたい 鹿児島県屋久島町長・荒木耕治氏

 日本初の世界遺産=1=に屋久島(鹿児島)、姫路城(兵庫)など4件が登録されて25年になる。その後も遺産登録は相次ぎ、今年も新規登録が誕生する見通しだ。日本国内では「地域活性化の切り札」と位置付けられることもある世界遺産。初代登録地のある鹿児島県屋久島町の荒木耕治町長(67)は最近の世界遺産ブームをどのように見ているのか。【聞き手・永山悦子、写真・和田大典】

--世界遺産登録から25年。最も変わったことは何ですか。

この記事は有料記事です。

残り2873文字(全文3081文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 出場32校決定、初出場は5校 3月19日開幕 第92回選抜高校野球

  3. 南海トラフ地震津波確率 和歌山、高知など5メートル以上「非常に高い」 初の推計発表

  4. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  5. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです