イラン

小学校、英語教育禁止 西側の影響力警戒

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【カイロ篠田航一】イラン政府は今月に入り、小学校での英語教育を禁止する方針を明らかにした。ロイター通信などが伝えた。幼い時期から英語を教えることは「西側による文化侵略」につながると判断したという。

 イランでは昨年12月28日から約1週間、全土で反政府デモが起き、指導部は「欧米が扇動した」と主張。政権が西側の影響力拡大に警戒を強めている模様だ。

 イランでは中学校に入学する12歳ごろから英語を学ぶのが一般的だが、一部は小学校で開始し、富裕層・中間層では子供を英語塾に通わせる家庭も多い。

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文505文字)

あわせて読みたい

注目の特集