メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

身じまい練習帳

焼香で実感 ドライブスルー葬儀

 初めて聞いたとき違和感を覚えたのは、「スルー」という言葉に「何もしない」という語感があるからなのかもしれない。長野県上田市の上田南愛昇殿に先月、「ドライブスルー葬儀システム」が導入された。ハンバーガーや牛丼を買いに行くんじゃあるまいしと、まず思った。最近流行の葬儀の簡素化の一例かと。

 荻原政雄社長(67)に話を聞くと、印象が変わった。「これ、体の弱ったお年寄りのためのサービスなんです」

 車で専用ゲートから乗り付けて、タブレット端末に名前や住所などを打ち込み、香典を渡し返礼品を受け取ったあと、車に乗ったまま焼香して手を合わせる。通常の葬儀も同時に行われているのがミソ。式場内のモニターに利用者の様子が映し出されて、喪主たちは「あっ、××のおばあちゃん、わざわざ来てくれた」などと確認できる。

この記事は有料記事です。

残り478文字(全文826文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  3. 菅氏「マスクが出回っているか確認」 「週1億枚供給」も品薄続く

  4. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  5. 「どうなっているの」 衆院予算委の政府答弁、与党からも指摘相次ぐ 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです