メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

LINEで手軽にいじめ相談 隠蔽反省の大津市で試行

大津市のLINE相談窓口検証会議で、市の担当者に資料の説明を求める座長の原清治・佛教大教授(右から2人目)=大津市役所で

 <kyoiku no mado>

 いじめの相談を自治体が会員制交流サイト(SNS)で受け付ける動きが広がりつつある。中2男子の自殺を巡り、学校や教育委員会によるいじめの隠蔽(いんぺい)が発覚した大津市も昨年11月、無料通信アプリ「LINE(ライン)」で相談を受け付ける窓口を試験的に開設した。手軽に相談できることが利点とされるが、現時点では利用者は多くない。実情を取材した。【衛藤達生】

この記事は有料記事です。

残り1641文字(全文1835文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オウム死刑執行 「本当の真実なくなった」河野義行さん

  2. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  3. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

  4. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

  5. 「オンブズマン活動するなら市議やめろ」愛知・弥富市議会が辞職勧告を決議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです