メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

LINEで手軽にいじめ相談 隠蔽反省の大津市で試行

大津市のLINE相談窓口検証会議で、市の担当者に資料の説明を求める座長の原清治・佛教大教授(右から2人目)=大津市役所で

 <kyoiku no mado>

 いじめの相談を自治体が会員制交流サイト(SNS)で受け付ける動きが広がりつつある。中2男子の自殺を巡り、学校や教育委員会によるいじめの隠蔽(いんぺい)が発覚した大津市も昨年11月、無料通信アプリ「LINE(ライン)」で相談を受け付ける窓口を試験的に開設した。手軽に相談できることが利点とされるが、現時点では利用者は多くない。実情を取材した。【衛藤達生】

この記事は有料記事です。

残り1641文字(全文1835文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ
  2. セクハラ 「早大の渡部直己教授から」元女性院生申し立て
  3. 竜王戦 藤井七段、都成五段に勝つ 決勝T1回戦
  4. サッカー日本代表 不安定な川島 西野監督も苦言
  5. サッカー日本代表 ポーランドに勝つか引き分けで突破

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]