メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リモートワーク最前線

メリハリつけて効率向上

自動車教習所でパソコンを開き仕事をする流拓巳さん=本人提供

 <くらしナビ ライフスタイル>

 休暇を取りながら仕事をする新しい働き方「ワーケーション」。日本航空が昨夏に導入を発表するなど企業に広がっている。利点や課題を探った。

 「人生設計の中で『地方で子育てをしたい』というこだわりがある。数分ごとに電車が走っていて、少し歩けば次の駅がある都心とは違い、車が不可欠な環境で暮らそうと思っている」

 こう語るのは、ソーシャルメディアのコンサルタント会社「ガイアックス」(東京都千代田区)の管理本部で採用を担当する流拓巳さん(25)だ。昨年8月12日から19日間、新潟県で自動車の免許合宿に参加した。まだ入社1年目。免許が必要なら大学生のうちに取るのが通例だが、インターンシップ生の時に、会社から関西に新規事業の拠点を設立する仕事を任されたため、「社会人になって働きながら取得しよう」と先送りしていた…

この記事は有料記事です。

残り1597文字(全文1964文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. 改憲めぐる倒錯と二枚舌

  3. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

  4. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  5. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです