メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲初場所

稀勢、鬼門の初日 白鵬は逆転勝ち

取り組み後、悔しそうな表情をする稀勢の里=渡部直樹撮影

初日(14日・両国国技館)

 白鵬は、横綱審議委員会から指摘された、張り手やかち上げを封印し、阿武咲に土俵際まで押されたが、逆転の突き落とし。4場所連続休場明けの2横綱は明暗が分かれた。鶴竜は激しい突き押しからの引きが決まり北勝富士に快勝。稀勢の里は土俵際で詰め切れず、新小結・貴景勝のとったりに屈した。豪栄道と高安の両大関は、ともに危なげない相撲で白星発進した。

この記事は有料記事です。

残り1325文字(全文1506文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

  3. 車7台が事故 15人負傷 3台炎上 愛知・伊勢湾岸自動車道

  4. 即位礼正殿の儀始まる 180以上の国などから2000人参列

  5. 変革 第10部 マルハニチロ/18 回転ずし、魚も肉も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです