メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 田植踊を未来へ 事故後初の披露 浪江

 東京電力福島第1原発事故による避難指示が続く福島県浪江町津島地区の郷土芸能「津島の田植踊(たうえおどり)」を未来へつなぐための収録作業が14日、津島地区から西へ約30キロ離れた同県二本松市で行われた=写真・喜屋武真之介撮影。200年以上の伝統があるが、事故後に踊るのは初めてだ。

 豊作などを祈るため毎年1月に踊られてい…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文396文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3歳娘放置死 逮捕の母は5月にも交際男性と旅行 日常的に育児放棄か

  2. コロナのエアコンで「コロナ禍に打ち勝て」 一人親世帯に無償提供 新潟・三条

  3. 愛知・豊橋、岐阜・八百津、三重・桑名…各地で突風、竜巻か 「屋根飛ばされた」

  4. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  5. 3歳衰弱死 逮捕の母、おむつ替えて119番か 8日間放置を隠蔽の可能性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです